ホーム>おしっこ(尿)・うんちの消臭はお任せ

おしっこ(尿)・うんちの消臭はお任せ

排泄物(尿や大便)の除菌消臭クリーニング&対処方法

排泄物(尿や大便)の除菌消臭クリーニング&対処方法

 

こんな方にご利用いただいております。

  • 犬(猫)などペットが気づいたら車内でおしっこしていた。。。
  • お子さんが渋滞中にガマンしきれずにお漏らししてしまった。。。
  • デイサービスで送迎中にお漏らししてしまった。。。
  • 運転中に急にもよおしてしまい、我慢できずに。。。

 

 

おしっこやうんちは生理現象なので、やむを得ません。

ただ、洗浄クリーニングしておかないと、臭いだけでなく、雑菌が繁殖してしまうことも。。。

このページでは臭いが残る原因や自分でできる除菌洗浄方法などをご紹介しています。

 

 

このページの内容

 

 

 

排泄物(尿や便)の臭いが残る原因

おしっこやうんちをお漏らししてしまうと、

シートなどに付着してしまいます。

こうなってしまうと、臭いを取り除くのは簡単ではありません。

 

尿や便などの排泄物は通常アルカリ性の性質を持っています。

そして一般的なクリーナーなどは中性、もしくは弱アルカリ性などが多く、

アルカリ性の汚れはアルカリ性では落とすことはできません

 

そのため、一般の洗剤などを使用して拭き取ることで、

見た目の汚れは取れるかもしれませんが、

繊維の中に入ってしまった汚れや菌を取り除くことができず、

臭い残りの原因となってしまうのです。

 

以下で市販品を使っての消臭方法をご案内してみます。

 

 

プロにお願いする場合は、
お見積りご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

>>得洗隊の除菌消臭クリーニングの詳細はこちら

 

 

 

市販品で消臭するための5つのステップ

 

尿や便などの排泄物は、通常アルカリ性の性質を持っています。

アルカリ性の臭いには酸性が有効です。

ドラッグストアなどで手に入るもので言えば、クエン酸があります。

 

用意する物

  • クエン酸
  • 水 または ぬるま湯
  • キッチンペーパー
  • ビニール手袋
  • コップ
  • 除菌用アルコール
  • 市販の消臭スプレー
  • 洗濯洗剤

 

 

1 キッチンペーパーなどで排泄物を吸い取る

まずは、乾く前にキッチンペーパーなどで、

可能な限りの水分を吸い取ります。

この時点でどこまで吸い取れるかがポイントでもあります。

 

 

2 クエン酸水を作る

コップにクエン酸水を作ります。

水に対してクエン酸を5%程度の濃度で使用するのが無難です。

 

200mlくらいのコップならば、小さじ2杯(10g)くらいになります。

汚れを分解するには温度も重要なので、水よりもぬるま湯の方がおススメです。

 

おしっこの場合は、クエン酸水を使用する前に、クエン酸水の臭い

実際に鼻で確認しておいてください。

理由はクエン酸水を使用後、クエン酸の独特の臭いが残ってしまいます。

このクエン酸の臭いを尿の臭いと勘違いしてしまうことがあるからです。

 

 

3 作業前の除菌

ビニール手袋をして作業は行いますが、念のため、除菌用アルコールなどを

付着した箇所に少量かけて、除菌しておきます。

下痢の場合は特に注意しておきましょう!

ウィルスが原因の下痢の場合、アルコールではなく、

次亜塩素酸水など更に強力な除菌が必要になります。

 

 

4 排泄物の洗浄

このクエン酸水を排泄物が付着してしまったシートの上などにしみ込ませます。

この時、コップから直接かけてしまうと多すぎるので、ビニール手袋をした手をコップに入れ、

その部分に少しずつしみ込ませる感じで行います。

 

ある程度しみ込ませたら、手で軽くなじませ

その後、しみ込ませた部分をキッチンペーパーで吸い取ります

 

これを何度か繰り返します。

 

キッチンペーパーでしっかりと吸い上げた後、臭いを確認します。

この際、クエン酸水臭いだけであれば問題ありません。

 

 

5 仕上げの消臭

残ってしまったクエン酸水の臭いを消すために、市販の消臭スプレーを吹き付けて消臭します。

 

排泄物がしっかりと取れておらず、臭いが残っている場合、

市販の消臭スプレーをいくらかけても臭いが戻ってくることがほとんどです。

 

 

 

また、おしっこの量やシートの材質によりしみ込み方も様々です

そして、手の入らない箇所に入り込んでしまうこともあります。

上記の方法を試してみてもどうにもならない場合などは、

プロの消臭クリーニングを利用することをおススメいたします。

 

お見積りご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

得洗隊の除菌消臭クリーニング

 

得洗隊の消臭クリーニングは徹底的に行います。

 

強力に洗浄クリーニング

カーペットリンサーという業務用の洗浄機を使用して、

シートやカーペットなどの布地にしみ込んでしまった尿などもしっかりと中から吸い出します。

 

シート(座席)を洗浄クリーニング

 

普段の生活汚れも一緒に除去できます^^

一緒に130℃近い高温スチームで強力に除菌します。

スチームで強力に除菌

 

 

シートを外してお預りもできます

シートの上だけで済んでいる場合、お車でお越しいただければ、

こちらでシートを外します。

そのままシートだけをお預りすることも可能です

シートを外してお預り

 

シートだけを外してお預りする場合、一部の輸入車(メルセデスベンツやアウディ、BMWなど)は

エラーが出てしまう車種があります

その場合は事前にご説明いたしますので、ご安心ください。

 

 

>>排泄物(尿や便)の除菌クリーニングの料金目安はこちら

 

 

他店との違い&得洗隊の強み

臭いは残っていると車内が暖かくなった時に立ち上ってきます。

他店でクリーニングしてもらってその場は良かったのに、臭いが出てきた

他店でクリーニングしてもらったはずなのに臭いが消えず、これが限界です、と言われてしまった

 

こんな声をお客様からよく耳にします。

 

他店との違いであり、得洗隊の強みでもある点は、大きく3つあります。

  1. どこまでも追いかける
  2. お客様が気づいていない箇所も見つけ出す
  3. 乾燥後の状態もしっかり確認

 

得洗隊は原因をどこまでも追いかけ、お客様の気づかれていない箇所に入り込んだ原因を見つけ出します。

 

シートを洗浄しても取り切れない場合、

シートを分解してクリーニングもいたします。

 

シートを分解してクリーニング

分解して洗浄クリーニング

カーペットを剥がしてクリーニング

カーペットを剥がしてクリーニング

① はレザーシートです。

パンチングレザーで穴が開いているタイプであったため、

穴から中に入り込んでしまい、剥がして洗浄クリーニングいたしました。

 

②はセカンドシートで犬が大量にお漏らしをしてしまい、

カーペットの裏側まで侵入してしまったため、

カーペットを剥がして裏まで洗浄クリーニングいたしました。

 

この作業は全ての作業で行うわけではありません。

必要に応じて、作業いたします。

 

 

 

排泄物(尿や便)の消臭クリーニング料金の目安

 

シート1脚のみ 税込み 16,200~21,600円
シート2脚のみ 税込み 21,600~27,000円
シートから床にもこぼれてしまっている 税込み 27,000円~

上記料金はあくまで目安となります。
消臭クリーニングは、箇所や範囲により価格が大きく異なります。

 

お見積りご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

口コミ・レビューはこちらから

 

 

よくある質問

 

Q 臭いは取れますか?

A ほとんどのケースが取り除くことができます。
ただ、ごく稀に分解できない部分に入り込んでしまうケースがあり、その場合、若干残ってしまうこともあります。

 

Q どれくらいの時間がかかりますか?

A 状態により大きく異なります。早ければ1日。場合によっては2~3日間かかるケースもございます。
状態次第ではありますので、お気軽にお問合せください。

 

Q 見積は無料でできますか?

A はい。ご来店いただければお見積は無料となっております。
事前にお見積をご利用いただき、ご納得の上、ご利用いただければと思います。

 

Q ペットのおしっこなどでも大丈夫ですか?

A 問題ありません。ペットの排泄物でも消臭クリーニング可能です。

 

Q レザーシートでもクリーニングできますか?

A 問題ありません。レザーシートであっても、素材を傷めないよう、しっかりとクリーニングいたします。

 

 

その他のよくある質問はこちら

よくある質問はこちらから

お見積りご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

  • ご予約・お申込みはこちら
  • お問い合わせはこちら
ページ上部へ