ホーム>サービス案内>ヘッドライト黄ばみ取り&コーティング

ヘッドライト黄ばみ取り&コーティング

ヘッドライト磨きで曇り&黄ばみを除去

ヘッドライトの黄ばみやクスミがきになりませんか?

 

こんな経験ありませんか?

  • ヘッドライトの曇り・黄ばみが気になってディーラーに持っていったら、交換するしかありませんと言われた
  • ヘッドライトクリーニングを2000円でできるというのでやってもらったら、傷だらけになって戻された
  • ヘッドライト曇り・黄ばみ取りを頼んだのに、ほとんど取れなかった
  • 市販のヘッドライトクリーナーでやってみたけど、ほぼ変わらなかった
  • 事故で片側のヘッドライトを中古品で購入したが、片側だけ黄ばんでいてバランスが悪くなってしまった

 

こんな声を数多く耳にします。

そんなあなた、少しお待ちください。

交換が必要と言われたほどの黄ばんだり、曇っているヘッドライトも

研磨をすることで輝きや透明感を蘇らせることができます

 

 

このページの内容

  1. ヘッドライトの黄ばみや曇りの原因と黄ばみ取り(クリーニング)の必要性
  2. 曇りや黄ばみを防止する方法
  3. 料金表&施工内容
  4. 施工ギャラリー
  5. お客様の声
  6. 施工手順
  7. ヘッドライト磨きのQ&A
  8. 得洗隊のヘッドライト磨きが選ばれる4つの理由
  9. ヘッドライト磨きの郵送対応について

 

 

ヘッドライト黄ばみや曇りの原因と黄ばみ取り(クリーニング)の必要性

 

ヘッドライトの黄ばみや曇りの原因

 

ヘッドライトのレンズの黄ばみや曇りには、内側の場合と外側の場合があります。

 

内側が曇る原因は、以下のようなものが主な原因です。

  • ヘッドライトバルブの熱により、ポリカーボネート製のレンズの内側が劣化してしまう
  • レンズの接着が悪く、水滴が侵入してしまい、曇ってしまう

 

これらはほとんどが社外品のバルブに交換したり、

ヘッドライトを何らかの加工をするためにレンズを外していたり、

といったことから起こることが多いように思われます。

 

この内側の曇りは取り除くことは困難で、交換することになってしまうことも。。。

 

 

外側が黄ばんだり、くすんだり、曇ったりする主な原因は以下の通りです。

  • 太陽光の紫外線(UV)による劣化
  • ヘッドライトバルブの熱による劣化
  • 汚れの付着

 

 

一番の要因は太陽光からの紫外線(UV)です。

運転席側の方が極端に黄ばみが酷い、などといった経験はありませんか?

これは、いつも駐車している場所が一方向が陽当たりが良い場合などに起こります。

こういった場所に駐車されている場合、ボディも同様に片側から傷んでくる可能性が

あるため、可能であれば、向きを変えて駐車しておくようにしましょう^^

 

この外側の黄ばみや曇りはクリーニングすることで取り除くことができるのです。

 

 

少しだけ昔話になりますが、

以前の車はヘッドライトレンズにガラスが使われていたため、劣化することがほぼありませんでした

 

ヘッドライトのカバーにポリカーボネートが使用されるようになってから、

こういった問題が多発するようになってしまいました。

 

それでは、そもそもなぜガラスからポリカーボネートに変更されていったのか

それは、ガラスの方が重量が重いため、燃費向上のためにも軽量化する必要があった

そして、事故などでヘッドライトが割れた際の危険度も増す、というのが主な理由です。

自動車事故

 

 

 

ヘッドライトの黄ばみ取り(クリーニング)に必要性

 

黄ばみが進行してしまうと、光量不足で車検が通らなくなってしまうこともあります。

また、黄ばみを放置しておくと、ポリカーボネートの劣化が進行してし、クラック(ヒビ)が入ってしまいます

ヒビが入ってしまったヘッドライトはいくら研磨したところで残ってしまいます

 

そして、なんといってもヘッドライトの曇りや黄ばみは愛車を古く感じさせてしまいます

ヘッドライト磨き&コーティング前

ヘッドライト研磨前

ヘッドライト磨き&コーティング後

ヘッドライト研磨後

 写真の撮り方が悪く、角度が変わってしまってますが、Before&Afterを比べていただいてどうでしょう?

同じ車なのにヘッドライトがクリアになると車自体が新しく見えますよね^^

 

ヘッドライトの黄ばみやクスミが気になったら、早めにヘッドライトのクリーニングをすることをおススメします。

 

 

また、一度黄ばみなどが出てしまうとクリーニングしても、再発してしまうとこは逃れることができません

そのため、ヘッドライトクリーニングは定期的(1年ごとなど)にすることをおススメいたします

 

 

 

ヘッドライトの曇りや黄ばみを予防する方法

 

ヘッドライトレンズの黄ばみや曇りは、現状として向き合っていかなければならない問題です。

ただ、予防することは可能です。

 

【ヘッドライトレンズの黄ばみや曇りを予防する方法】

  1. 小まめに洗車をする
  2. 定期的にコーティングを塗り直す
  3. プロテクションフィルムで保護する

 

主にこういった方法があります。

 

 

1はボディにも通じますが、洗車をしなければ、劣化するスピードも加速してしまいます。

最低限1ヶ月に1度は洗車をするようにしましょう!

 

2に関してもボディ同様に素の状態より、コーティングを施工しておく方が劣化はしにくくなります。

劣化してしまう前から、定期的にヘッドライトにもコーティングを施工することもおススメです!

 

3のプロテクションフィルムは透明なフィルムを施工してヘッドライトを紫外線から保護し、劣化を防止するというものです。

初めて耳にする方も多いかと思いますが、これはヘッドライトの曇りや黄ばみが発生する前に新車時から施工しておくのが一番です。

もちろん、黄ばみや曇りを取り除いてからプロテクションフィルムで保護することも可能です。

これは飛び石を防止する効果もあり、車検にも対応しているので安心です!

 

 

 

料金表&施工内容

得洗隊のヘッドライト磨きはこれまでの多数の経験から「黄ばみ」や「曇り」を

取り除く技術に自信があります

 

ヘッドライトは表面のクリア層が酸化し、曇り、黄ばみ、白濁などといった状態になってしまいます。

先に記載した通り、酷い場合には、光量不足で車検が通らないという事態になることもあるほどです

 

耐水ペーパーで磨き上げ、コーティングを施しますので、ほとんどのケースでクリアーでピカピカになります♪

 

 

ヘッドライトのコーティング施工のみ

ヘッドライトコーティング

表面の汚れを取り除き、コーティングを施工するのみとなります。

新車時、もしくは黄ばみなどが出ていないタイミングでコーティングを施工しておくことで、将来予想される黄ばみなどの予防をしておきましょう。

作業時間 : 20~30分程度

税込み 4,320円 (片側のみの場合 税込み3,240円)

 

 

 

ヘッドライトクリーニング(研磨&コーティング) 【日本車】 

ヘッドライト磨きクリーニング・デミオ

荒いペーパーから研磨を始め、徐々に細かくし、コンパウンドでクリアに仕上げ、最後にコーティングを施工します。

研磨後、表面を専用コーティングで保護します。
輸入車もお任せください!

作業時間 : 90~120分程度
  ※代車を無料でご利用いただけます

税込み 12,960円 (片側の場合 税込み9,720円)

 

 

ヘッドライトクリーニング(研磨&コーティング) 【輸入車】

ヘッドライト磨き

日本車同様に荒いペーパーから研磨を始め、徐々に細かくし、コンパウンドでクリアに仕上げ、最後にコーティングを施工します。

輸入車は日本車とは異なり、研磨に時間がかかってしまいます。そのため、日本車と輸入車でわけさせていただいています。

研磨後、表面を専用コーティングで保護します。
輸入車もお任せください!

作業時間 : 120~180分程度
  ※代車を無料でご利用いただけます

税込み 17,280円 (片側の場合 税込み12,960円)

 

 

ペイントプロテクションフィルム(PPF)

プロテクションフィルム・ヘッドライト

ヘッドライトの黄ばみや曇りは現状、避けては通れない問題です。

ヘッドライトをクリーニング後にプロテクションフィルムを施工し、再発を防止する方法もあります。

作業時間 : 2~3時間程度
  ※代車を無料でご利用いただけます

フィルム施工代 21,600円~32,400円

※新車、もしくは黄ばみなどが無い場合にはフィルム施工代のみでご利用ただけます。
※研磨などが必要な場合には別途料金が必要になります。

>> 料金のお問合せはこちらから

>> UNIGLOBEヘッドライトプロテクションフィルムの特設ページはこちら

 

 

コーティング施工のみ 税込み 4,320円
国産車 税込み 12,960円
輸入車(外車) 税込み 17,280円
リピート利用(同一車のみ) 税込み6,480円
ヘッドライトプロテクションフィルム 税込み 21,600~32,400円

 

※「リピート利用」とは、得洗隊のヘッドライトクリーニングをご利用いただいたお車で再度、ヘッドライトクリーニングをご利用いただく場合の料金になります。

 

安心の返金保証!

ご利用いただき、改善が見られなかった場合にはヘッドライト磨きの代金を全額返金いたします。

技術に自信があるからこそできる保証です

 

ヘッドライトクリーニングは定期的なリピート利用がとってもお得です!

ヘッドライトは一度黄ばみなどがでてしまうと、その後再発することを逃れることは難しいのが現状です。

そのため、一度、得洗隊でヘッドライトクリーニングをご利用いただいたお車で

再度ヘッドライトクリーニングをご利用いただく場合、

税込み 6,480円(左右両側)

でご利用いただけます!

期間に制限はございません。

 

ヘッドライトの研磨で落とせないケース
  • 劣化が進行し過ぎて、ヒビ(クラック)が入ってしまっている場合(表面の黄ばみなどはきれいに落とせます)
  • 内側が白くなっている場合

こういった場合は研磨では落としきれません。

 

お見積りご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

ご予約・お申込みはこちらから

 

 

施工ギャラリー

ヴィッツ・ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

トヨタ・ヴィッツ

メルセデスベンツSLK・ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

メルセデスベンツSLK

 

アテンザ・ヘッドライト研磨Before・After

マツダ・アテンザ

アテンザ・ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

マツダ・アテンザ

ウィッシュ・ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

トヨタ・ウィッシュ

ウィッシュ・ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

トヨタ・ウィッシュ

BMW3シリーズ・ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

BMW3シリーズ

コルト・ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

三菱・コルト

メルセデスベンツSLK・ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

メルセデスベンツSLK

ヴィッツ・ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

トヨタ・ヴィッツ

エスティマ・ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

トヨタ・エスティマ

シエンタ・ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

トヨタ・シエンタ


BMW・ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

BMW3シリーズ


BMW3ヘッドライト黄ばみ取りBefore・After

BMW3シリーズ

 

>>ヘッドライトクリーニングの施工ブログはこちら(施工実績の一部などをご紹介しています)

 

お客様の声

ご利用いただいたお客様の声をいご紹介します。

 

 

お見積りご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

ご予約・お申込みはこちらから

 

 

施工手順

 

① マスキングで周辺を保護

①ヘッドライト磨き【マスキング】

洗浄し周辺の汚れを取り除いた後、周辺をしっかりとマスキングし、研磨の準備をします。

 

② 耐水ペーパーで研磨

②ヘッドライト磨き【耐水ペーパーで研磨】

耐水ペーパーの粗い番手からスタートし、徐々に細かい番手に変えていきます。

(例)#800 →#1300→#2000→#3000

ヘッドライトの状態次第で、スタートする番手を変えていきます。

※「通常研磨」の場合は、この工程はありません。

 

③ ポリッシャーで研磨

③ヘッドライト磨き【ポリッシャー研磨】

耐水ペーパーの後は、更にペーパー目を消すためのポリッシングです。

ボディを研磨する時と同様、メタルハライドライトなどのキズが見えるライトを当てながら、研磨キズを消していきます。

この工程でしっかりと、キズを残さないように磨き上げることで、クリアなヘッドライトが蘇ります。

 

④ コーティングを塗布

④ヘッドライト磨き【コーティング塗布】

研磨の後には、マスキングテープを外し、研磨の粉などをしっかりと取り除き、保護のためにヘッドライト専用のガラスコーティングを施工します。

コーティングを施工しないと、すぐに黄ばみが元に戻ってします。

ポリカーボネートに合うガラスコーティングを施工して終了です。

 

プロテクションフィルムを施工して再発防止!

ヘッドライトの黄ばみは一度発生してしまうと繰り返してしまいます。クリーニング後にコーティングを施工していても、1年程度で再発してしまいます。

そこでUVカットのプロテクションフィルムを施工することで、再発をより防ぐことができます。

安心の車検対応のフィルムを使用しています。 飛び石防止効果も!

 

 

ヘッドライト磨きに関するQ&A

 

Q ヘッドライトを交換するのと、磨くのとではトータルでみてどちらがお得ですか?

A ヘッドライト磨きの方が圧倒的に安く済みます。車種にもよりますが、一般的に交換の場合、8万~20万円程度かかってしまいます。

 

Q 市販のヘッドライトの黄ばみ取りでは取れませんでした。それでもキレイになりますか?

A 問題ありません。市販のクリーナーは研磨するタイプのものはほぼありません。得洗隊のヘッドライト磨きはしっかりと表面の傷んだ部分を磨き落としてからコーティングを施工するため、9割以上のあきらめていたヘッドライトを復活させることができます。

 

Q ディーラーでこのヘッドライトは交換しかありません、と言われました。それでもキレイになりますか?

A 問題ありません。得洗隊ではこれまで数百台というヘッドライトを研磨してきました。ヒビが入っていたりしない限りほぼ、クリアはヘッドライトを取り戻すことができます。

 

Q ヘッドライト磨きを利用してから、どれくらいキレイな状態をキープできますか?

A 使用環境により大きく期間は異なりますが、目安として1年前後とお考えください。定期的にヘッドライト磨きを利用していただくことで、割引もあります。得洗隊でヘッドライト磨きをご利用いただいてから1年以内に再度ご利用いただくと、左右両側で税込み5,400円にてご利用いただけます。

 

Q ヘッドライトの研磨を利用している間は、どんな風に時間を過ごしていますか?

A 通常研磨の場合、60分程度ではありますので、ほとんどのお客様が店内でお待ちいただいております。徹底研磨や輸入車のお客様は時間がかかりますので、代車を無料でご利用いただき、ご自宅や近場で時間を過ごされるお客様が多くなっております。

 

Q 代車代はかかりますか?

A 代車代はいただいたおりません。ただ、ガソリン満タンでご用意いたしますので、満タンでのご返却にご協力いただいております。

 

Q ヘッドライトを磨いてもらっても改善しないこともありますか?

A ほぼありません。万が一、改善が全く見受けられない場合には、ご返金いたします。

 

Q 返金保証ってどうしてそんなことができるのですか?

A これまでの多くの実績から技術に自信があるからこその証です。ご安心してご利用ください。

 

Q 量販店でヘッドライトを磨いてもらったのですが、キレイになりませんでした。それでもキレイになりますか?

A 問題ありません。プロショップとして技術に自信があります。丁寧にしっかりとクリアなヘッドライトを取り戻します。

 

Q ヘッドライト磨きの代金をカードで支払いたいのですが、カードでも支払いできますか?

A カードもご利用いただけます。得洗隊では、少しでも多くのお客様に手軽にご利用いただけるよう、ご利用いただくサービス全てをカードでお支払いいただくことができます。お気軽にご利用ください。

 

Q ヤフオクでヘッドライトを購入したのですが、ヘッドライトだけを郵送して磨いてもらえますか?

A 郵送対応もしております。送料は実費でご負担いただくことになりますが、ヘッドライトのみをご郵送いただき、研磨終了後に着払いにて発送いたします。事前にLINEやメールに画像をお送りいただくことで、事前にお見積りも可能です。
>>郵送対応について詳しくはこちら

 

Q 落ちるのかどうかスマホから画像を送信して見積りできますか?

A 画像をお送りいただければ、可能な限りの判断はさせていただきます。方法は以下の2通りがあります。
 ただし、写真は気になる部分がわかるように近づいて3~4枚程度送信お願いいたします。

  >>得洗隊のLINEと友だちなっていただき、写真を送信する
  >>メールに写真を添付して送信する

 

Q ヘッドライトのプロテクションフィルムは新車に施工しても効果はありますか?

A はい、効果はあります。新車の状態や、まだ黄ばみや白濁などが発生していない状態から施工しておくのが一番です。
  プロテクションフィルムを施工することでUVカット効果だけではなく、飛び石防止にもなります。

  >>UNIGLOBEのヘッドライトペイントプロテクションフィルムの特設ページはこちら

 

 

得洗隊のヘッドライト磨きが選ばれる4つの理由

 

① 安心の返金保証

  改善が見られなかった場合には返金保証!技術に自信がある証です。

 

② 研磨後の専用ガラスコーティング

  研磨をしてキレイになっても保護されていなければ、すぐに黄ばみ始めます。こういった保護のためにヘッドライト専用のガラスコーティングを施工しています。

 

③ リピート利用の割引制度

  得洗隊でヘッドライト磨きをご利用いただいたお車なら、その後のリピート利用は一律税込み6,480円にてご利用いただけます。

 

④ 写真で事前見積りができる

  得洗隊のLINEアカウントは営業時間内であれば、1:1で対話が可能となっているため、スマホでヘッドライトの様子を撮影すれば、手軽に見積りをとることができます。

  >>得洗隊のLINEと友だちなっていただき、写真を送信する
  >>メールに写真を添付して送信する

 

 

お見積りご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

ご予約・お申込みはこちらから

 

 

ヘッドライト磨きの郵送対応について

ダンボール

 

得洗隊では、ヘッドライト磨きを郵送でも承ってます

ただし、注意事項などがありますので、よく確認いただいた上で、ご利用ください。

 

こんな方にご利用いただいてます

  • ヤフオクで中古のヘッドライトを左右別々で購入したが、片側だけ黄ばんでいる
  • 事故をしてしまい、片側がきれいなヘッドライトになったのに、反対側が黄ばんでいる。自分で外せるから片側だけきれいにして欲しい
  • ヤフオクでヘッドライトを購入したが、思った以上に白っぽくなっていて取り付ける前にきれいにしたい

 

郵送ご利用の流れ

  1. 写真数枚、角度を変えてLINEメールにて送信お願いします。
  2. 当社よりお見積り金額をご連絡いたします。
  3. 配送中に破損したりすることの無いようにしっかりと梱包いただき、当社まで送料お客様負担にてご発送お願いいたします。
  4. 当社に到着後、ヘッドライトを磨いてコーティング施工した上で、当社より仕上りのご連絡いたします。
  5. 仕上りのご連絡の後、料金のお振込みをお願いいたします。
  6. お振込み確認後、お送りいただいたように梱包し、送料着払いにて返送いたします。
  7. ヘッドライトが到着しましたら、キレイになった状態をご確認ください!

 

梱包のポイント

ヘッドライト磨きの郵送対応
  • ヘッドライトにプチプチ(エアパッキン)を巻きつけます。
  • もしプチプチが無い場合には、新聞紙などのやわらかい紙を何周か巻き、その上からサランラップなどを何周か巻いてください。
  • しっかりと収まる大きさのダンボールを用意し、プチプチなどを巻きつけたヘッドライトを入れ、ダンボールの中で動かないように、新聞紙などを隙間に詰め込みます。
  • ダンボールの底側はガムテープをクロスやH型にしてはるなど、しっかりととめてください。
  • 「ワレモノ」のシールを運送会社さんに貼ってもらうようにしましょう。

 

 

 

免責事項

  • 郵送対応に関わる一切の費用(往復の送料、脱着した場合の費用、振込み手数料など)
  • 配送中の破損やそれらに起因する取り付け時の不具合

 

 

お見積り・ご相談無料です

  • ご予約・お申込みはこちら
  • お問い合わせはこちら
ページ上部へ