ホーム>灯油(石油)の消臭はお任せ

灯油(石油)の消臭はお任せ

灯油(石油)の消臭・洗浄クリーニング&対処方法

倒れたポリタンク

 

こんな方にご利用いただいてます!

  • 灯油(石油)をガソリンスタンドから自宅に運ぶ時にフタをよく閉めていなかったために、いつの間にかこぼれていた・・・
  • ポリタンクの底が気づかない内にヒビが入っていて、少しずつこぼれていた・・・
  • 運転席の後ろでこぼしてしまい、自分で頑張ってみたけど、どうにも臭いが取れない
  • カーディーラーに持っていったら、交換しかないと言われ、数十万円の見積もりがでてきた

 

灯油(石油)の臭いは全く取れない上に、臭いですよね。。。

こんな時は、専門業者に洗浄クリーニングしてもらうしかありません。

 

目次

  1. 灯油の臭いが取れない理由
  2. 自分でできる?灯油をこぼした時の対処方法
  3. これまでの洗浄事例
  4. 料金

 

 

 

灯油の臭いが取れない理由

 

灯油(石油)はガソリンなどと異なり、揮発性が少ないため、なかなか蒸発しません

その上、油なので浸透力があり、どんどん染み込んでいってしまいます。

一度、車内にこぼしてしまうと、どんどん染み込み蒸発しにくいため、いくら拭き取っても、そのまま灯油自体が残ってしまい、ず~っと臭いを発し続けるのです。

 

ほんの少量こぼした程度であれば、すぐに拭き取ることで何とかなりますが、ほとんどの場合が臭いが残ってしまいます。

 

灯油で溶けてしまった発泡スチロール

しかも床下までいってしまった場合、緩衝材として入っている発泡スチロールにしみ込んでしまうと、写真のように発泡スチロールが溶け出し、そこからも臭いが発生。

同じく床下の緩衝材のスポンジなどにしみ込んでしまったものも取り除くのは大変困難になってしまいます。

灯油をこぼしてしまったら、外せるものは外し、徹底的に洗浄し、灯油を洗い出さなければならにのです。。。

 

床下まで入り込んでしまっている場合には、プロショップに持っていきましょう!

 

 

 

自分でできる?灯油をこぼした時の対処方法

灯油をこぼしてしまったら、まずは、できる限り吸い上げるようにします

 

最初に、新聞紙を置き、軽くたたき、そのまま少し置いておき、新聞紙に灯油を吸わせます。

新聞紙が無い場合には、キッチンペーパーやトイレットペーパーなどで代用します。

 

新聞紙などを置いておく間に、40℃~50℃程度のお湯を用意し、食器用の中性洗剤を少量加え、洗剤水を作ります。

その洗剤水を雑巾などにしみ込ませて固く絞り、準備しておきます。

準備ができたら、置いておいた新聞紙などを取り除き、灯油がこぼれた箇所を軽くたたくようにします。

これを何度か繰り返します。

 

その後、別の新たな雑巾を用意し、洗剤の入っていないお湯で雑巾を固くしぼり、再度こぼした箇所をたたきます。

これも何度か繰り返します。

 

臭いが若干残っていても、取り除けている感覚があれば、数日乾燥させてみましょう。

大部分が取り除けていれば、臭いは抜けていきます。

 

それでも臭いが残ってしまう場合には、残念ながら、得洗隊のような専門業者に頼むしかありません。

また、このような場合、車両保険に加入していると保険が使用できることもありますので、見積もりを取ってから、保険会社に問い合わせてみるのも一つの方法です。

 

お見積り・ご相談無料です

LINEで問合せ

  • ご予約・お申込みはこちら
  • お問い合わせはこちら

 

これまでの洗浄事例

シートもカーペットも外して洗浄クリーニング

シートも外して徹底洗浄クリーニング

カーペットまで剥がして徹底洗浄クリーニング

カーペットを洗浄クリーニング

灯油(石油)を落とす専用の洗浄剤で
徹底洗浄クリーニング

 

トランクの洗浄クリーニング

ハイブリッド車のバッテリーを避けて
しっかりクリーニング


 

 

灯油(石油)は通常の洗剤では混ざらないため、落とすことが困難です。

灯油(石油)が水と混ざり合うようになる特殊な洗剤を使用して消臭洗浄クリーニングいたします。

 

 

料金

灯油(石油)の消臭・洗浄クリーニング(軽度の場合) 税込み 27,000円~
灯油(石油)の消臭・洗浄クリーニング(重度の場合) 税込み 43,200円~

 

灯油(石油)の消臭・洗浄クリーニングは状態により、価格が異なりますので、まずはお見積り♪

 

お見積り・ご相談無料です

LINEで問合せ

  • ご予約・お申込みはこちら
  • お問い合わせはこちら
ページ上部へ