ホーム>カークリーニングブログ>車内清掃・クリーニング>助手席で外に向かって嘔吐し、失敗して車内へ・・・
車内清掃・クリーニング

助手席で外に向かって嘔吐し、失敗して車内へ・・・

ご利用データ

【車種】 トヨタ ハイラックスサーフ

【ご利用メニュー】

  • 嘔吐消臭クリーニング

嘔吐消臭クリーニング・サーフ

嘔吐の消臭ならお任せください!

カークリーニングのプロショップ得洗隊です!

 

ハイラックスサーフで酒に酔った知人を乗せていた所、急に吐き気を催し、すぐに停車できる状態ではなかったため、やむなく窓を開けて嘔吐したとのこと。。。

ただ、顔が外に出きっていなかったようで、ドアの内側パネルや助手席のシートなどに大量に付着してしまったようです。。。

その後、ご自身で対処はされたようですが、臭いが取り切れないとのことで、当社をご利用いただきました。

 

窓を開けていたために、ドアパネルとドアの内装パネルの間にも入り込んでしまったため、ドアの内装パネルや助手席のシートも外しての作業となりました。

サーフ・嘔吐消臭クリーニング・ドアのパネル内部も洗浄

パネルを外して確認したところ、ビニールの内側にも入り込んでしまっていましたが、スピーカーなどは無事でした^^

しっかりと内側までクリーニングします。

サーフ・嘔吐消臭クリーニング・ドアの中にまで入り込んで

外した内装パネルも隙間という隙間に入り込んでしまい、肘置きのあたりの布部分にもしみ込んでしまっていたため、臭いも強烈に付着してしまっていました^^;

細かい部分に入り込んでしまった吐しゃ物もしっかりと除去しておかないと、密閉された車内では臭いがしてしまうため、鼻で確認しながら、しっかりと除去していきます。

 

下の写真は助手席のシートの下の床を洗浄しているところです。

床にもこぼれていると、パーツの隙間からカーペットに下にまで入り込んでしまっているケースもあります。

その場合、カーペットの上をキレイにしたところで、臭いは消えないので、カーペットの下に入り込んでしまっていないか確認も必ず行っています。

今回は、幸いカーペットの下にまで入り込んではいませんでした。

サーフ・嘔吐消臭クリーニング・カーペット洗浄中

ドアパネルを元に戻し、助手席も元に戻したら完了です!

サーフ・嘔吐消臭クリーニング後の助手席ドア

 

最近よくご質問をいただきます。

嘔吐の消臭クリーニングは待ってる間にすぐできますか?という質問です。

基本的にはすぐには終わりません。2~3日いただくケースがほとんどです。

中にはクリーニングして表面を乾かして終了、という業者さんもいらっしゃるようですが、当社のやり方はそうではありません。

 

クリーニングが終わったら、しっかりと乾燥させ、臭いが残っていないか確認します。たいていは一回では取り切れないので、臭いが残っている箇所を再度クリーニングします。

また乾燥させて確認、、、といった具合に何度かこの作業を繰り返していくので、時間はかかってしまいます。

 

クリーニング直後はほとんどの場合が臭いは消えます。

ただ、その後臭いが再発することが問題なのです。

こういったことにならないよう、仕上げるのがプロだと考えています。

 

 

>>嘔吐の消臭クリーニングの詳細はこちら

 

  • ご予約・お申込みはこちら
  • お問い合わせはこちら
ページ上部へ