ホーム>カークリーニングブログ>車内清掃・クリーニング>ムーブキャンバスが浸水してしまい車内クリーニング(毛呂山町のY様)
車内清掃・クリーニング

ムーブキャンバスが浸水してしまい車内クリーニング(毛呂山町のY様)

ご利用データ

【車名】 ダイハツ ムーブキャンバス

【お客様】 埼玉県入間郡毛呂山町のY様

【ご利用メニュー】

 

ムーブキャンバス・浸水クリーニング

浸水してしまった際の車内クリーニングもお任せください!

カークリーニングのプロショップ得洗隊です!

 

台風で浸水してしまい、お見舞い申し上げます。

納車されてまだ数日しか経過していない愛車が、浸水してしまったとのことでクリーニングをご利用いただきました。

 

カーペットが浸かってしまっていたため、汚水も入ってしまい、車内に臭いも立ち込めていました。

こういった場合、カーペットの上から洗浄しても元の水分を取り除き、洗浄・除菌しない限り、臭いも取れず、最悪の場合、カビだらけになってしまいます。

そのため、カーペットを外して、丸洗いをします。

また、その下の床にも汚水などが残らないよう、隅々まで洗浄クリーニングいたします。

ムーブキャンバス・浸水クリーニング・カーペットを丸ごとクリーニング

下の写真はカーペットを剥がした状態の車内です。

ムーブキャンバス・浸水クリーニング・カーペットを剥がした車内

下の写真は運転席の足元をアップにしてみました。

水分が残っているのがわかります。

この車はカーペットの裏側にスポンジのようなものが付いており、そこに水分が多く吸収されていたため、下にはそれほど水は残っていません。

車種によっては、カーペットの下に10L近い水が残っている場合などもあります。。。

ムーブキャンバス・浸水クリーニング・運転席のカーペットの下に残っていた水分

ムーブキャンバス・浸水クリーニング・助手席のカーペット下に残っていた水分

カーペットは洗浄後、完全に乾燥させ、除菌処理をした後、元にもどしていくわけですが、まずはカーペットを入れる前に、車内に臭いが残っていないか確認し、残っているようであれば、臭いの原因を探り、取り除きます。

カーペットの無い状態で臭いが無く、カーペットを入れてから臭いが発生した場合は、カーペットに臭いが残っていることになります。

このように消去法で臭いの原因を一つ一つ潰していく作業になります。

地道な作業ではありますが、この工程が重要なのです。

 

 

組み上げた後は、新車の状態と同様になりました^^

ムーブキャンバス・浸水クリーニング後の車内

ムーブキャンバス・浸水クリーニング後の車内

ムーブキャンバス・浸水クリーニング後の車内

 

お客様もお喜びいただき、一安心です^^

ご利用いただき、ありがとうございました。

 

 

>>車内清掃関連メニューの一覧はこちら

 

 

 

 

  • ご予約・お申込みはこちら
  • お問い合わせはこちら
ページ上部へ